アンダーヘアを全部なくすのはどう?

アンダーヘアを全部なくすのはどう?

アンダーヘアでもVラインの部分は、
下着や水着からはみ出すのを気にして、
自己処理をしている人も多いと思います。

アンダーヘアの部分の皮膚は他の部分に比べて薄いので、
脱毛サロンで脱毛を受ける女性も多いです。
デリケートゾーンの脱毛はサロンのスタッフさんも受けているくらい、
女性に人気の脱毛箇所です。

アンダーヘアの毛を全部なくしてしまうのは、
日本の女性にはあまりない習慣だとは思います。
アメリカの女性は一般的にアンダーヘアの毛を処理している人がほとんどで、
毛は全くなくしてしまうか、ほとんどない人ばかりです。

日本ではVラインの部分はある程度残して、
IラインとOラインの毛を全くなくしてしまう
というのが主流のようです。

日本だと温泉に入る習慣があったり、
人前で裸になる機会があります。
そういった時に人の目が恥ずかしいという人もいます。

若い時には全くなくても問題はないかもしれないですが、
年をとった時に、全くないのは他の人から見て違和感があるようです。
なので、将来のことも考えて脱毛を受ける必要があるかもしれないですね。

男性の目線からですと、
アンダーヘアがないのが好きな人もいるようですが、
ごく一般の男性は全くない状態を見ると、
変な趣向を持っていると思われることもあるようです。

Vラインの脱毛施術では、形を整えるだけじゃなく、
毛を1度全部剃って、毛を薄くしたり、
Vラインの全体的な濃さを調整したりする人もいます。

脱毛サロンに通っている間は、
毛が生え始めてチクチクしているときも、
彼に指摘されて、気まずい思いをすることがあるかもしれません。

アンダーヘアで脱毛サロンに通う場合は、
彼や旦那さんに脱毛サロンに行く旨を話したり、
相談している方がいいかもしれませんね。

家庭用脱毛器でVIO脱毛はできる?

家庭用脱毛器でVIO脱毛はできる?

家庭用脱毛器でも性能のいいものがたくさんあります。
デリケートな部分の脱毛が出来る脱毛器もあります。
脱毛サロンに通うと言うことを考えると、
価格も安く脱毛を行うことが出来ます。

自宅で行う自己処理だと、
自分では見えない部分や自己処理が難しいところもあります。
それは脱毛器を使用して脱毛する際も変わりません。

VIOの脱毛も、Vラインは自分から見える部分なので、
自己処理ができますが、
IラインやOラインは鏡を使ったりしないと
なかなか自分では処理を行うのは難しいです。

家庭用脱毛器で処理をしたときでも、
脱毛処理を行った後には、ケアが必要になります。
脱毛処理をした後の肌は一時的に乾燥しやすくなってるので、
ちゃんとした保湿ケアを行うことが必要です。

家庭用脱毛器で処理した時でなくても、
自己処理を行った時には冷やしたり、
保湿するケアが必ず必要です。

間違ったケア方法で自己処理を続けていると、
肌が乾燥して、色素沈着になったり、
毛穴が赤くカブレてブツブツになってカブレたり、
黒くブツブツになって目立ってしまったりします。

そういった肌トラブルを避けるためにも、
自己処理を行う場合は正しい脱毛後のケアの方法を
知っておく必要があります。

脱毛サロンで脱毛施術を受ける際には、
脱毛箇所に保湿成分たっぷりの冷却ジェルが厚く塗られます。
その上から施術を行い、施術が終わったら、
しっかりと脱毛した部分を冷やして、保湿します。

サロンでも、ここまでしっかりと保湿をして行う施術を、
自宅で簡単に行うのにはリスクがあると思います。
特にデリケートゾーンは他の部分に比べて、
毛が太く、皮膚が薄いです。

安全に肌もきれいに脱毛処理を行うには、
専門スタッフが施術をしてくれる脱毛サロンが好ましいです。
脱毛サロンの中には、皮膚科を提携しているサロンもあるので、
万が一肌がトラブルになってもサロンに相談すれば対応してもらえます。

家庭用脱毛器では自分で皮膚科を探して、
自分で対処しないといけません。
脱毛サロンに通っていれば、何かあった際も
サロンのスタッフに相談できるという点でも安心です。

施術後の飲酒をしないや、
お風呂はシャワーのみにするなどの
注意点も説明せいてもらえます。

施術後の肌ケアの方法も教えてもらえるので、
おうちでもケア方法も心配しなくて大丈夫です。
その他にも毛をどのように処理すれば肌にやさしいか
などのアドバイスがもらえるので、
デリケートなVIO部分の脱毛はサロンで行うのがおすすめです。

Vライン脱毛が激安のサロンをピックアップ!

Vライン脱毛が激安のサロンをピックアップ!

Vラインは自分でも見える部分だし、
水着や下着からはみ出るのが心配だから、
自分で毛の処理をしている人もたくさんいます。

ずっと自分でケアしていると、
Vラインの範囲がなんだか広くなって来たり、
毛穴がボコボコになってしまったり、
トラブルを抱えている人もいます。

もちろん無駄毛の処理をするなら、
自分でカミソリなどを使って処理をするのが、
自宅でも簡単に処理ができて、
安く処理をすることが出来ます。

岐阜の脱毛サロンのサイトで詳しく説明されていたので、
こちらを参考にすると良いです!

キャンペーンなどが詳しくまとめられていました!

自分での処理だと、永久脱毛ではないので、

また、毛が生えてきます。
脱毛サロンでの脱毛施術はどんどん値段が安くなって来ています。
脱毛サロンで脱毛したほうが、
肌もきれいに保ったまま毛を処理することが出来ます。

Vラインの回数無制限のコースが一番お安いのは、
エピレの両ワキとVラインの通い放題プランで700円です。
通い放題のプランなので、自分が満足するまで、
サロンに通うことが出来ます。

エピレはエステティックのTBCが
プロデュースしている脱毛サロンです。
肌にもやさしく脱毛施術が受けられるサロンです。

トリンドル玲奈ちゃんのCMでおなじみの、
ミュゼプラチナムはVラインの回数無制限プランが、4800円です。
さらにネットから申込みをすると1000円オフになって、
3800円でVラインの完了コースが受けられます。

ミュゼは通っている人も多く、サロンの数も脱毛サロンでは一番です。
会員用のサイトも充実していて、24時間予約の変更やキャンセルができて、
キャンセル料もかかりません。

サロンが全国にたくさんあるから、引っ越ししても安心だし、
いつものサロンで予約がいっぱいでも
近隣のサロンで施術を受けることもできるので、
予約が取りやすいサロンです。

Vラインは毛が濃く、毛が細くなるまでに
時間がかかるかもしれません。
サロンに通うなら回数無制限のコースだと安心です。

それ以外にもサロンに始めて通う人向けの安いプランもあります。
エステティックのTBCではデリケートゾーンの5か所の脱毛が
2回施術がうけられて6000円で受けられます。

TBCでは光脱毛だけでなくTBCスーパー脱毛を行っています。
TBCスーパー脱毛だと1度施術を行った毛穴からは、
毛が生えてこなくなります。
この施術も1回1000円で体験が出来ます。

銀座カラーでは、全身脱毛を1回0円で受けられます。
VIOのコースもあるので、体験をして気に入ったら、
デリケートゾーンの脱毛だけでも月額4800円で通うことが出来ます。

自己処理を続けるなら、激安価格で受けられるサロンに通うのもおすすめです。
夏までにツルツルの肌を手に入れちゃいましょう!

 

ハイジニーナ脱毛の由来を説明します!

 ハイジニーナ脱毛の由来を説明します!

ハイジニーナ脱毛はデリケートゾーンと言われる、
VIOの部分の脱毛のことを指しています。
「衛生」という意味の「ハイジーン」と言う言葉を語源としています。

ハイジニーナ脱毛とは、
デリケートゾーンの毛をすべてなくしてしまうことを指しています。
和製英語なので、海外ではハイジニーナ脱毛と言っても、
理解してもらえないので、注意が必要です。

ハイジニーナ脱毛の言葉自体は、
デリケートゾーンの毛を全くなくしてしまうことを指します。
アメリカの女性も男性もデリケートゾーンの無駄毛をケアしている人が多く、
女性はVラインはとても小さいか、全くない人がほとんどです。

日本人にはデリケートゾーンに毛がないのは、
抵抗がある人が多く、Vラインの部分はサイズを小さくしたり、
毛が濃いのを薄くしたり、毛を細くしたりしている人が多いです。

日本人は温泉などで裸を見られることが多く、
そうした場所で全く毛がないのは、
逆に目立ってしまって恥ずかしいと言う人が多いです。

男性目線で見ても、女性のデリケートゾーンに
全く毛がないのは変な趣味があると思われたり、
抵抗があるみたいです。

デリケートゾーンの脱毛に通う際は、
サロンに通っている間は生えはじめのチョビチョビした毛を
見られたりする可能性もありますので、
パートナーの人に相談してみた方がいいかも知れないですね。

デリケートゾーンの毛のケアをすると、
水着を着たり、下着でのおしゃれも楽しむことが出来るようになります。
なので、女性には人気の施術です。
多くの脱毛サロンでもハイジニーナ脱毛を行っています。

下着や水着のおしゃれが楽しめるようになるだけでなく、
ハイジニーナ脱毛は女性にとっても嬉しいメリットがたくさんです。
Iラインの陰部付近の毛は意外と毛が濃いです。

女性には毎月生理があります。
Iラインの毛が濃いとナプキンでムレて、
カブレてしまってかゆくなったりします。

Iラインは下着やパンツなどで擦れて、
色素沈着が濃くなりやすい部分です。
Iラインの毛がなくなれば、生理の際のかぶれや、
色素沈着にも効果が期待出来ます。

IOラインはあまり自分でケアはできませんが、
Vラインは自分でもケアしやすい部分です。
Vラインの部分は自己処理で
毛穴がボコボコしてしまっている人もいます。

脱毛サロンで施術を受けると、
ボコボコになってしまった毛穴にも良い効果が期待できます。
女性にとって、メリットばかりのハイジニーナ脱毛です。
ぜひ、ご自身で体感してみてください。

男性のハイジニーナへの女性の意見

男性のハイジニーナって女性はどう思う?

アメリカでは男性もアンダーヘアの毛を
処理している人が多くいます。
最近では日本人の男性でもアンダーヘアの処理を
している男性も増えて来ています。

アメリカではデリケートゾーンを清潔にしておくのは、
女性に対するエチケットという考えが定着しています。
そういった考え方が日本人のなかにも
広がりつつあります。

アンダーヘアの脱毛の事をハイジニーナ脱毛と言います。
そのハイジニーナからとってハイジニーナ脱毛をしている男子を
ハイジ男子と言います。

男性のアンダーヘアは女性よりも毛が剛毛の事が多く、
毛が床に落ちていたりする事がなくなるため
女性ウケもよくなるなります。

アンダーヘアの処理をしていないと、
不潔になって、感染症を引き起こす原因になります。
さらに校門周りの毛は排泄物が付いてしまって、
拭き取れない原因にもなります。

アンダーヘアの処理をすると、
見た目にも清潔に見えますし、
実際にも衛生面でとても良いです。

アンダーヘアの処理をすると、臭いの軽減にも繋がります。
毛があると、デリケートゾーンのムレにつながり、
雑菌などが繁殖しやすくなり、臭いが出やすくなります。

アンダーヘアの脱応をして毛がなくなる事によって、
毛がなくなると、毛穴が小さくなって、
皮脂などが出にくくなって、臭いが出にくくなる効果が期待出来ます。

アメリカの男性でもアンダーヘアを全くなくしている人もいますが、
アメリカでは男性がアンダーヘアが全くないことには少していこうがある人もいます。
日本人男性でも前の部分は少し残しておいて、
他の部分をなくしてしまうと言うのが多いです。

女性にとっては、床やベッドに太い毛が落ちていて、
掃除が大変と言うことも少なくなります。
自分に気を使ってアンダーヘアの処理をしてくれていたら、
女性にとっては嬉しいかもしれないですね。

VIOラインてどこのこと?

VIOラインてどこのこと?

脱毛サロンなどに興味のある人は
聞いたことがあると思いますが、
VIOラインとはどこ箇所だと思いますか?

Vラインとはビキニライン部分のことを言います。
サロンの施術では、Vラインサイドや上部などの箇所に
分かれていたりもします。

Vラインは自分でも見える部分なので、
自分での無駄毛処理も比較的しやすい箇所です。
自己処理がしやすいので、
この箇所のトラブルや悩みを抱えている女性も多いと思います。

Iラインは性器の周りに生える毛のことを指します。
自分では見えない部分なので、
自己処理が難しい部分です。

さらに下着の摩擦で色素沈着が濃い部分です。
脱毛施術をすると色が濃いので、
痛みの出やすい部分です。

Iラインは自分では見えませんが、
デリケートな部分を守っているので、
意外と毛が多く、剃ってみると量が多くてびっくりする人もいます。

毛が多いので、生理の際のムレなどの原因ともなります。
この部分の脱毛をすると、
生理の際のムレを改善することができて、
生理の際にかぶれてしまったりすることもなくなります。

Oラインは肛門周りに生える毛のことです。
日本人の女性の場合はOラインの毛は、
割と少ない人が多いです。

自分では全く見えない部分なので、
自己処理をするのは難しい部分です。

このデリケート部分のことをハイジニーナと言います。
ハイジニーナは女性に人気の脱毛パーツなので、
ハイジニーナ脱毛を行う脱毛サロンは多いです。

女性用下着は小さいものが多く、
VラインやIラインの毛がはみ出てしまうことが心配だったり、
おしゃれな水着も小さいものが多いです。
ハイジニーナの部分がきれいになると自信を持って
かわいい下着を着たり、おしゃれな水着も切れるようになります。

ハイジニーナ部分の毛は自分で処理をすると、
毛の伸び始めがチクチクしてしまって気になりますが、
脱毛すればそうしたチクチク感もなく
肌をきれいにする頃が出来ます。

脱毛サロンに行っても全部毛をなくしてしまうわけではなく、
サロンの人と相談で毛を薄くしたりなどもできますので、
カウンセリングなどで相談してみるといと思います。

Vラインの毛の量の調整はどうするのがベスト?

Vラインの毛の量はどのくらいが丁度いいの?

Vラインの毛にコンプレックスを持っている人の
悩みはそれぞれだと思います。
毛の量だったり太さだったり、
Vラインのサイズだったり様々です。

私はVラインのサイズがコンプレックスでした。
初めて施術を受ける際には大きさを
どのくらいにしたらいいのかわからなかったので、
サロンの方に相談しました。

サロンの方はとても親切に、
大体の方は指2本分くらいの大きさにしますよ。
とアドバイスをくれて、その通りにしてもらいました。

サロンの方のお話では、
毛が濃いのがコンプレックスの方だと、
一度全部剃って施術を受けにくる人もいるそうです。

そういう方は毛を少なくしたり、
毛を細くしたりして、
量を少なく見えるようにするみたいです。

日本人の感覚からすると、
Vラインの毛を全くなくしてしまうと言うのには
抵抗がある方もいると思いますが、
欧米の女性などは全くなくしてしまう人も多いです。
男性も欧米の方は全くないのを好む人が多いみたいです。

日本人の女性ですと、
やっぱり小さい下着からはみ出ないようにしたり、
水着に収まるくらいの小さいサイズにする人が多いです。

Vラインはサロンで脱毛施術をするのが、
恥ずかしいと言う人も多いと思います。
どのようにサイズを調整したらいいかわからないと言う人は、
サロンの方に相談すると親切に教えてもらえるので、
安心して施術が受けられます。

Vライン脱毛をしてみようかなと思っている人は、
恥ずかしさは施術を実際に受けるまでなので、
体験コースなど受けてみると良いと思います。

デリケートゾーンを脱毛するならどこでする?

デリケートゾーンを脱毛するならどこでする?

デリケートゾーンの毛の自己処理って大変ですよね?
自分では見えないから鏡を使って剃ってみたり、
自己処理をすると、剃り残しをしてしまったりします。

カミソリやシェーバーで剃ると、
剃った後の毛がチクチクしたり、
肌が荒れてしまったり、
色素沈着の原因になってしまったりします。

自己処理をするとトラブルも多くなります。
脱毛サロンで専門のスタッフにやってもらう方が安心ですし、
肌にとってもいいことがたくさんあります。

脱毛サロンで脱毛すると生理の際のナプキンのムレが改善されるので、
脱毛を体験した人はとってもオススメしています。
色素沈着で黒ずんだ肌にも効果があります。

自己処理の回数がへるので、肌へのダメージがへります。
脱毛サロンで使用する冷却ジェルには保湿成分が
たっぷり入っているので、肌質の改善も期待できます。

デリケートゾーンの脱毛でオススメのサロンは、
トリンドル玲奈ちゃんのCMでもおなじみのミュゼです。
ミュゼではハイジニーナ7と言うコースがあって、
4回施術が受けられるコースで33560円です。

さらに3回以上のプランを契約すると、
両脇とVラインのコースが無料で付いてきます。
ミュゼはVラインの毛をなくしたり、
形を整えたりスタッフの人と相談もできるので安心です。

脱毛サロンのエピレでは、
VIO脱毛のファーストプランが2回施術が受けられて、
6000円で受けられます。

さらにカウンセリングの時に4回のコースを契約すると、
ファーストプランの6000円が無料になります。
トータル6回の施術が受けられて、
45800円でVIOの脱毛が出来ます。

脱毛サロンは増えてきています。
それぞれのサロンによってコースや価格が違います。
数あるサロンの中には施術の方法がサロン独自のものもあります。

全身の脱毛が月額制で受けられるサロンなども、
いくつか出てきています。
サロンのカウンセリングや体験コースに行ってみて、
サロンを選ぶが一番安心だと思います。

アンダーヘアがチクチクするときの対処法

アンダーヘアがチクチクするときの対処法

アンダーケアを自分で処理をした場合、
カミソリや間違った方法で処理やケアをすると
どうしてもかゆみが出たりチクチクしたります。

ぼりぼり掻く訳にもいかないし、
デリーケートな部分なので、
とっても気になるし不快ですよね?

アンダーヘアの処理をした後に、
かゆみが出てしまう大きな原因は、
カミソリやシェーバーで処理をした際の、
毛先の尖りが原因になっています。

事故処理をしてかゆみを出にくくする方法は、
除毛クリームを使用したり、
熱線で焼き切るヒートカッターを使うと、
カミソリなどで処理をした際の
毛先の尖りがないのでチクチクしません。

また、脱毛クリームを使用して除毛すると、
カミソリきれいに処理した後に伸びて来て、
チクチクが気になる毛にも効果があります。

カミソリなどで処理をした後のかゆみを軽減させるには、
処理した後の毛を柔らかくするのが効果的です。
陰毛用のとリートトリートメントがあるので、
そのトリートメントでケアをすると毛が柔らかくなるので、
かゆみを直す事が出来ます。

自分でアンダーヘアのケアをした時には、
処理後のかゆみのケアも大切ですが、
アンダーヘアの部分の皮膚もデリケートなので、
肌の保湿ケアも重要です。

カミソリなどでの処理をしたあとは、
肌が荒れたり、赤くブツブツになったりするので、
保湿化粧水などで保湿をしっかり行います。

アンダーヘア部分は下着やパンツなどの摩擦で、
色素沈着しやすい場所なので、
自己処理をした際はしっかりとケアする必要があります。

 

ミュゼと銀座カラーアンダーヘアの脱毛するなどっち?

ミュゼと銀座カラーアンダーヘアの脱毛をするならどっちでする?

アンダーヘアの部分は皮膚もデリケートで、
自分では見えない部分も多いので、
自分で処理をするのは大変ですよね。

出来る事なら専門のスタッフが
脱毛してくれるサロンで脱毛ケアをしたいと思います。
アンダーヘアのケアがきれいに出来れば、
水着を着たり、友達を温泉に行く時も自信がつきますよね。

脱毛サロンのミュゼプラチナム、銀座カラー
どちらのサロンもネットなどで検索していたら、
1度は目にした事があるサロンの名前だと思います。

ミュゼと銀座カラーどちらで
アンダーヘアのケアをするのが良いでしょうか?
脱毛してくれる箇所や価格など選ぶポイントはいくつかあります。

ミュゼのアンダーヘアのコースは
ハイジニーナ7美容脱毛コースと言って、
へその下からOラインまで7カ所の脱毛が出来ます。

4回のコースから選択出来て、
回数が増えると値段が上がっていきます。
4回のコースの価格は33560円です。

3回以上のコースを契約すると
両ワキとVラインの脱毛完了コースが
無料でプレゼントされます。

希望によって、毛を全部無くしたり、
全面は少し残して、違和感の無い様に
境目を自然にしたいなど相談にのってもらえて、
形を整えてくれます。

銀座カラーのアンダーヘアのコースは、
「VIO」セットのコースで、
Vライン上部とVラインサイド、Iライン、Oラインの脱毛が出来ます。

期間は無制限で各パーツ6回の施術が受けられて、
78000円です。
銀座カラーの脱毛コースでは金利・分割手数料は
サロンが負担してくれます。

アンダーヘアの施術をローンで支払いをする場合は
月々4800円で施術が受けられます。
金利や手数料が掛からないので、
余計な費用がかからなくて安心です。

ミュゼでのアンダーヘアの脱毛はへその下から
施術をしてもらえるので、脱毛箇所の範囲が広いです。
銀座カラーでは赤ちゃんの肌脱毛を行っているので、
肌にやさしい脱毛を受けられます。

通うサロンを決める際は、
カウンセリングで実際にサロンに行って、
サロンの雰囲気や通いやすさなどを実際に見て
決めるのがおすすめです。